離婚後の復縁方法について


離婚した後にもう一度やり直したいということで
復縁をする人もいます。

しかし、そのような人の復縁理由は様々。
十人十色です。

まず、一旦離婚しているのですから、
どのような別れ方をしたのかによって、
復縁方法も異なるでしょう。

離婚の理由として多いのは、

「性格の不一致」、
「家族や親族と合わない」、
「異性関係(浮気)」、
「生活費を入れてくれない」、
「家庭内暴力」、
「精神的虐待」、
「浪費癖がある」

などです。

このような理由で離婚した人が
復縁を検討しているのであれば、
それは避けた方がよいのではないでしょうか?
続きを読む
| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚後の復縁での戸籍について


離婚した後に復縁をした場合、
戸籍上はどのようになるのでしょうか?

1つの例を紹介したいと思います。

離婚には「協議離婚」と「調停離婚」です。

通常の離婚、相手が同意してくれる場合ですが、
相手がどうしても合意してくれない場合は、
家庭裁判所に調停を申し立てます。

調停には強制力がないため、
それでも相手が離婚に同意しない時には裁判しかありません。

調停によって離婚に到ることを「調停離婚」と呼んでおり、
戸籍に「調停」と記載されます。
続きを読む
| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚してから復縁し再婚成功!


一旦離婚し、
復縁が叶い、再婚成功!

という例は少ないながらも
ありえる事実ではあります。

しかし、なぜ一旦離婚までしておきながら、
復縁をしたがるのでしょうか。

それにはいろいろな理由があると思います。

まず、離婚をした理由を考えて見ましょう。
離婚の理由として多いのは、

「性格の不一致」、
「家族や親族と合わない」、
「異性関係(浮気)」、
「生活費を入れてくれない」、
「家庭内暴力」、
「精神的虐待」、
「浪費癖がある」

などです。

このような理由で離婚をしたのであれば、
復縁して、再婚にまでもっていくことは、
むずかしいでしょう。
続きを読む
| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚調停の流れ(具体例)


離婚調停とは、夫婦間で離婚の話し合いがまとまらない場合、
また別れることには同意できたとしても、
親権者・監護者が決まらない、養育費、財産分与、慰謝料、面接交渉
などの条件で同意できないという場合、
家庭裁判所に調停を申したてることです。

通常は話し合いで協議離婚できるのば一番ですが、
不仲になっている2人ですので、どちらの要望も満たすことは
なかなかできません。

この離婚調停は家庭裁判所に申し立てますが、
裁判ではありません。

また、家庭裁判所の家事相談室というところで、
無料相談にのってもらうこともできるので、
離婚に関する悩みや心配があったら利用してみましょう。

弁護士に相談すると初回であれば
30分で5000円ほどかかります。
費用の面などで不安の方は、
できるだけ公の相談できるサービスを利用しましょう。
続きを読む
| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚届の不受理申出書の書き方について




離婚届けを提出されたとしても
不受理申出書を出しておけば、
とりあえず、6ヶ月間は受理されないという
決まりがあります。

まず、離婚届は、協議離婚の場合には、離婚する夫婦が届け出る人の
本籍地か所在地にある市役所や区役所、町村役場に提出する必要があります。
本籍地以外で離婚届を出す場合は、戸籍謄本も一緒に出しましょう。

また本人確認のための書類(運転免許書やパスポート)が必要です。
判決や調停、審判などによる裁判離婚の場合は、
離婚をした当事者が、確定してから10日以内に提出します。

また結婚前の姓に戻さないなどの場合、
別途書類を離婚届と同時か、離婚届けの手続きの日から3ヶ月以内に出す必要があります。
続きを読む
| 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。